活動報告

  • 第40期 定期総会 開催報告

  • 掲載日:2017.05.30
  • 第40期 定期総会 開催報告

    東京韓国青年商工会 第40期 定期総会
    日時 2017年4月16日(土) 開会16:30~
    場所 ホテル雅叙園東京
    参加者 162名(ご来賓を含む)

    過日、東京韓国青年商工会(以下、当会とします。)の第40期定期総会(以下、本総会とします。)が開催されましたことをご報告致します。

    本総会に提出された以下の議案は、全議案が全会一致により承認されました。

    【本総会議案】

    ①2016年度事業実績 (略)

    ②2016年度決算 (略)

    ③2017年度事業計画
    ・聖愛園 1日アッパ事業
    ・第35回 チャリティーゴルフコンペ
    ・設立40周年記念式典
    ・チャリティー活動
    ・家族親睦 クリスマスパーティー
    ・ビジネス交流会

    ④2017年度予算案 (略)

    ⑤2017年度第40期役員選任
    第40期会長朴永鎮(パク・ヨンジン)君
    同会長団(略、以下、新執行部とします。)
    同監事(略)
    同理事(略)
    同委員長(略)

    以上。

    また、第40期会長となった朴永鎮君は、この第40期という節目の年に【原点回帰】というスローガンを掲げ、以下の通り、4つの基本方針を定めております。

    【基本方針】

    1.事業、勉強会、交流活動などを積極的に実施することで、会員同士の和を育むと共に、会員個々の内面的な成長に貢献する。

    2.若手会員を育成し、新規会員獲得を強化することで、次世代も発展し続ける東京青商の基盤を作る。

    3.内部統制を強化し、凡事徹底(連絡体系整備や時間厳守など)を図ることで、統制のとれた会務運営を行う。

    4.未来へ向け、開かれた東京青商となるべく、この40期を起点とし、改革を推し進めていく。

    以上。

    当会の今期活動内容につきましては、当ホームページなどにおいても、随時ご報告してまいりますので、今後も皆様のご注目を賜れば幸いです。

    なお、本総会には、ご来賓の諸先生方、当会歴代会長・青友会・当会OBの諸先輩方、各地区青商の皆様から、多数のご参加を賜り、盛会のうち終了することが出来ました。
    心より御礼申し上げます。

    最後になりますが、本総会においては、東京韓国商工会議所様より活動支援金、並びに当会のOB会である東京韓国青年商工会青友会様より活動支援金を拝受いたしました。

    当会が、より一層社会に貢献し、当会会員が自己練磨に励み、当会の目的宣言の主旨を達成出来るよう心して使わせていただく所存でございます。
    誠にありがとうございました。

    DSC_0289
    DSC_0295

    DSC_0439
    DSC_0497DSC_0503
    DSC_0475 (1)
    DSC_0628

  • 第40期 第1回目合同委員会開催

  • 掲載日:2017.04.27
  • 2017.4.26(水)19:30~
    豚かん

    40期の第1回目の委員会を開催致しました。
    3委員会合同での開催で、まずは今後の予定確認、委員の顔合わせを致しました。

    426(水)第1回合同委員会_170427_0006 426(水)第1回合同委員会_170427_0005 426(水)第1回合同委員会_170427_0001 426(水)第1回合同委員会_170427_0002426(水)第1回合同委員会_170427_0008 426(水)第1回合同委員会_170427_0007

  • 第39期合同分科委員会・講演会開催のご報告

  • 掲載日:2017.04.07
  • 日時/場所 3月24日(金) 京王プラザホテル
    (講演会)       17:30~19:00 47階 あさひ
    (合同文科委員会)   19:00~21:00 44階 ハーモニー
    (二次会)       21:30~23:30 45階 オーロララウンジ

    上記内容にて、第39期合同分科委員会・講演会を開催致しました。

    ・講演会は、『金海正明が教えるワインの基本、ここに来ればワインがわかる』のタイトルの下に、金海正明氏を講師にお招きしてワイン講座を行いました。
    とてもわかり易く、面白おかしい講演で、会員の皆さんも真剣に耳を傾けたりテイスティングに挑戦したりと充実した講演会になりました。

    ・分科委員会は、各委員会の一年の振り返り、総括の発表に始まり、新入会員の自己紹介、40期人事発表、卒会者スピーチ、留学生事業の支援継続が決定したユンハンソルさんのスピーチ等、まさに39期の事業を振り返りと総括、また新入会員の歓迎・卒会者の送別等、開催趣旨に沿った非常に盛り上がった会になったと思います。

    歓談が盛り上がりすぎてスピーチを聞いていない、準備・片付けの負担が一部の会員に偏っていたりと反省すべき点もありましたが、会員間の交流や思いのこもった歓送迎が見られたことは高く評価すべき点だと思います。特に卒会者のスピーチとユンハンソルさんのスピーチに非常に感動しました。
    来期もまた多くの感動を生む事業、そしてそれらを良い意味で総括できる分科委員会を開催できればと願います。

    DSC_0029 DSC_0035 DSC_0036 DSC_0041 DSC_0042 DSC_0047 DSC_0059 DSC_0084 DSC_0088 DSC_0113 DSC_0145 DSC_0152 DSC_0157 DSC_0175 DSC_0174 DSC_0173 DSC_0170 DSC_0169 DSC_0167 DSC_0165 DSC_0159 DSC_0158

     

  • オリニ事業のご報告

  • 掲載日:2017.04.06
  • 【開催日時】 2016年2月25日(土)~28日(火)
    【開催場所】 上野、浅草、原宿、東京ディズニーランド
    【参加人数】 20人程

    継続的に支援している聖愛園(韓国の京畿道にある児童養護施設)の子供たち6人を日本に呼んで、3泊4日にわたって様々な体験・交流をしました。

    1日目は、赤門会日本語学校にて日本語の学習と日本留学について講義を受け、浅草にてお寿司を食べました。最初は子供たちがまだ緊張していて、こちらから一方的に話し掛けていましたが、段々と緊張がほぐれて色々な質問をされるようになりました。

    2日目は、明治神宮や原宿、浅草に連れて行きました。おやつでレインボー綿あめとクレープを、昼食はお好み焼き、夕食はしゃぶしゃぶを食べました。伝統的な日本文化から若者文化まで、日本を満喫してもらえました。子供たちに笑顔が見えるようになり、心を開いてくれたように見えました。

    3日目は、東京ディズニーランドへ行きました。子供たちには、たくさん乗り物に乗せてあげて、とても楽しい思い出をつくってあげることができました。最後にはシンデレラ城を背景としたショーも良い席で観賞でき、子供たちは充実した最高の一日が過ごせたと大満足してもらえました。皆疲れていたのか、ホテルに戻った途端倒れるように寝てしまったようです。

    4日目は、名残惜しいまま韓国に帰国となりました。

    子供たちが喜んでくれる姿、心を開き懐いてくれる姿は、本事業を通じて何事にも変えられない貴重なものでした。また、子供たちの夢を聞いたり、将来の目標について話をしたりしながら、参加したメンバーの方もいろいろ考えさせられる場面もありました。

    引き続きこのような事業を継続させ、子供たちの成長を見守っていきたいです。

    第39期東京韓国青年商工会
    国際委員会一同
    S__7217208

    S__7217209

    S__7217210

    S__7217211

  • 家族親睦クリスマスパーティ開催のご報告

  • 掲載日:2016.12.26
  • 開催日時:2016年12月21日
    開催場所:ホテルミラコスタ
    参加人数:112名

    ホテルミラコスタにて家族親睦送年クリスマスパーティーを開催させて頂きました。
    2年ぶりに開催させて頂きましたが大勢の会員家族を含め韓商会長家族もご参加していただき大変有意義な時間を過ごすことができました。
    ミッキー、ミニー、デイジー、ドナルドの人気キャラクターの登場で会場の雰囲気も盛り上がり会員の皆様やお子様達にもいい思い出になったのではないでしょうか。
    今回参加できなかった皆様も次回はぜひ参加していただき楽しい思い出を作って頂ければと思います。

    dsc_0134

    dsc_0082 dsc_0027 

    dsc_0092 dsc_0128

  • 東京・神奈川・長野青商合同バーベキューのご報告

  • 掲載日:2016.12.07
  • 開催日時:2016年10月29日(土)10時~16時
    開催場所:大黒海づり公園バーベキュー場
    参加人数:約80名(青商会員、家族、友人を含む)

    今年の3地区青商の交流会は、神奈川青商の主幹により開催されました。
    隣県同士の地区青商による家族・友人を含めた交流会は、貴重な経験になり、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

    今年の大黒海づり公園は、海を前にした会場で、子供たちは海を眺めたり、釣り人を興味津々で覗いてみたり、目の前を行き交う大型の船を見て喜んでいました。
    毎年、本行事の主幹は持ち回りになり、来年は東京青商が主幹となります。準備から当日の運営まで大変なことは多いのですが、それ以上に、青商会員同士の交流が進み、家族の青商への理解度が深まり、家族同士の付き合いに発展するケースも多々あります。

    この行事は、青商の癒し系事業と言っても過言ではないと思います。
    今年参加出来なかった皆さん、来年は東京が主幹で開催しますので、神奈川・長野青商の会員やそのご家族が驚くような行事にし、参加者皆さんが心から笑い、楽しめる時間を提供できるようにしたいと思いますので、今から参加の気持ちになってください。(大分早いですが。笑)

    最後に、この場を借りて、今年主幹の神奈川青商の皆さん、本当にありがとうございました。そして、忙しい中、参加してくれた東京青商の会員及びそのご家族・友人の方、ありがとうございました。

    14632984_10154736577614216_1442216414654388452_n

  • 会員親睦ゴルフコンペ開催報告

  • 掲載日:2016.10.03
  • 【開催日時】2017年8月26日(金)
    【開催場所】第1部 東千葉カントリークラブ
                第2部 浅草「すし賢」
    【参加者】東京青商会員 9名(うち青友会1名を含む)
             東京青商OB・OG 10名(OB9名、OG1名)
             地区青商会員 3名(神奈川青商会長、広島青商会長、長野青商理事)
             オブザーバー 2名(東京韓商会長、同理事)
             合計参加者数 24名
             *第2部からは3名の会員が参加。

    まず、この会員親睦ゴルフコンペに参加してくれた方と事務局に感謝申し上げたいと思います。

    今年の会員親睦ゴルフコンペは、若い会員と卒会された先輩方との交流を大きな目的として開催しました。
    上記記載にありますように、当会を卒会された先輩方が11名(青友会含め)も参加していただき、久しぶりの再会や初めて挨拶を交わすなど、昔日の思い出と新たな出会いがありました。

    ゴルフというスポーツを通じて、同じ‘東京青商’に在籍しながらも知りえなかった人同士が交流でき、今後の関係において、同じ学校を卒業した「同門」のようになり、距離が一気に縮まったように感じられました。

    第2部ではゴルフに参加できなかった会員も参加し、恒例の順位発表からいつも通りのお酒の交流が始まり、先輩・後輩、地区青商、そして、オブザーバーの方まで充実した時間を過ごすことが出来ました。

    本事業の総括としましては、前述した通り、卒会した先輩方が多く参加していただき、人的交流のよいきっかけになったと思いますが、その反面、現在の東京青商の会員の参加が想定より少なく、卒会者や地区、オブザーバーの参加人数より下回ったことが重要な反省点であると思います。

    最後に、私は本事業を先輩と後輩の良い交流の場として、また、同門の同窓会的な役割を担うことを期待し、次年度担当者に引き継ぎたいと思っております。
    今年、参加出来なかった会員の皆さん、来年は是非参加してください。

    第39期東京韓国青年商工会
    特命副会長 朴 永鎮

     

    1 9 2 3 5 6 7 8 4

  • 東京韓国青年商工会 「第34回チャリティーゴルフコンペ」開催のご報告

  • 掲載日:2016.09.30
  • 「第34回チャリティーゴルフコンペ」開催概要
    日程:2016年9月6日(火)
    会場:東千葉カントリークラブ

    晴天に恵まれ、「第34回チャリティーゴルフコンペ」を無事に開催させて頂くことが出来ました。今回は、261名もの方のプレーと、115にも及ぶ企業・団体・個人様からの温かいご支援をたまわりました。毎年恒例のコンペも、第34回を数えるまでになりました。毎年ご参加いただいている方々、ご協賛いただいている企業・団体・諸先輩の皆様、本当に有難うございました。

    コンペ当日は、開催1週間前の雨の天気予報が嘘のような、快晴の一日となりました。ご参加の皆様には、夏の名残りのなか、プレーを楽しんでいただけたかと思います。プレー後のパーティーでは、ご来賓の皆様からのご祝辞と、コンペ成績の発表を行いました。毎年、東京青商のチャリティゴルフコンペは商品が豪華とのお声を頂戴しますが、今回も優勝賞品の「インドネシアへのツアー旅行」をはじめ、総額約335万円もの商品が集まりました。成績発表は大いに盛り上がり、賞品受賞のお喜びを多数頂戴することが出来ました。ご協賛のご協力を頂いた皆様には、改めて御礼を申し上げます。

    今回のチャリティゴルフコンペ収益金につきましては、以下の支援に活用させていただきたいと考えております。
    ・韓国本国の福祉施設「聖愛園」への支援…本国の児童養護施設に住むオリニたちの1日アッパ(お父さん)となり、定期的な交流を行います。
    ・「熊本震災」への復興支援…本年4月に発生した熊本震災への復興支援として、被災地域に支援金を贈呈致します。
    ・青年会主催「オリニサマーキャンプ」への支援…在日同胞オリニたちの交流と韓国文化への理解を深めるキャンプを支援します(毎年8月頃に実施)。
    ・「CPサッカー大会」への支援…NPO法人「CPサッカー&ライフ エスペランサ」が主催する韓日親善試合を支援します。
    ・「青商チャリティ基金」への積立…国際親善や地域社会への奉仕に繋がる各種勉強会や慈善事業、支援活動を行ってまいります。

    皆様から頂戴いたしました収益金は各種慈善事業・支援事業において大切に、そして有意義に活用させていただきます。東京青年商工会のチャリティー事業の趣旨をご理解のうえ、今後とも温かいご支援、ご協力をいただきますよう、心よりお願い申し上げます。
    また、来年も皆様にお目にかかれますことを、東京青商会員一同楽しみに致しております。

    東京韓国青年商工会 チャリティ委員会一同

    5467231

  • 勉強会の報告

  • 掲載日:2016.08.17
  • 勉強会の報告

     

    開催日時:2016年7月4日 19:00

    開催場所:あすか信用組合本店 7階 大会議室

     

    事業承継をテーマとして、安藤教嗣税理士を講師に招き勉強会を開催しました。東京青商の会員を対象とした勉強会でしたが、会員を中心として30名の参加者が事業承継についての貴重な講義を有難く拝聴しておりました。

    税制や自社株評価について分かりやすく解説いただきながら、資産規模のケース毎にどの程度納税資金が必要なのかを具体的に説明いただきました。

    事業承継にもっとも大事なのは事前に準備・対策することであると熱弁を奮っていただき、参加者一同、身が引き締まる思いでした。

    講義終了後も質問が尽きず、参加者にとって有意義な勉強会となりました。

    勉強会終了後の懇親会には、一日お父さん事業で協賛いただきました「ホシギ2羽チキン」新大久保店を利用させていただきました。

    懇親会には安藤教嗣税理士をはじめ、勉強会に参加した殆どの方に参加いただきました。

    安藤教嗣税理士ならびに参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

     

    会員拡充委員長 李昌明

    DSC_0001DSC_0009DSC_0011DSC_0018DSC_0024

  • 第21回1日お父さん事業報告

  • 掲載日:2016.08.17
  • 今期の一日お父さん事業は、仁川SK幸福ドリーム球場において、韓国人初のメジャーリーガーである朴賛浩氏とともに、韓国の京畿道利川市所在の児童福祉施設「聖愛園」の子供たち30名を連れて、韓国のプロ野球の公式戦を観戦しました。

    試合前には、球場内を見学し、また、朴賛浩氏から子供たちに熱い言葉を掛けていただきました。

    写真1 お揃いのユニフォームに名前を入れていただきました。

    PH6

    写真2 レジェンド・朴賛浩氏に球場内を案内していただきました。

    201679 聖愛園1日アッパ事業_302

    写真3 トレーニングルームで記念撮影。

    DSC_0202

    写真4 試合前のグランドで朴賛浩氏、選手、チアリーダーとともに。

    DSC_0280

    写真5 みんな立ち上がって、子供たちと一緒に一生懸命、応援しました。

    201679 聖愛園1日アッパ事業_4211

     

pagetop